上昇を抑えるサポニン|コレステロール値は食事とサプリで下げる|栄養バランスが健康の秘訣

コレステロール値は食事とサプリで下げる|栄養バランスが健康の秘訣

ウーマン

上昇を抑えるサポニン

血液

数値を安定させておく

糖尿病と深い関わりがある「ヘモグロビンa1c」は、血液中を流れている。数値が高くなると糖尿病に発展するおそれもあるので、つねに数値を安定させておく必要がある。ヘモグロビンa1cの数値は血糖値が安定することで良い状態を維持できるという。そのため普段から血糖値が上がりにくくなる工夫をしなくてはならない。食事をすると必然的に血糖値の数値が上がるが、意識次第で急激な上昇を抑えられると言われている。サラダや温野菜、漬物など野菜を1番に食べることで、上昇がゆるやかになり血糖値の数値も安定するという。そして、高麗人参などにたっぷり含まれている成分「サポニン」も血液の健康を支える救世主として取り上げられている。

運動も大切

サポニンは高麗人参を使った漢方薬やお茶で補える。お茶は単体だと苦味が全面に出てしまって飲みにくくなるので、ブレンドされたものを購入する。ハーブが混ざっているとぐんと雑味やクセがなくなり飲みやすさがアップするという。サポニンは血液を浄化させる効果があり、血液中のバランスを良くしてくれる。根気よく与えるとヘモグロビンa1cの数値を良い状態に保って糖尿病を回避できるという。そして適度に運動を取り入れて肥満を防ぐことも、ヘモグロビンa1cの上昇を維持するために肝心である。ハードな運動を選ぶと継続させることが困難になることもあるので、体に負担をかけにくいストレッチや水泳やウォーキング、ジョギングがおすすめである。